歯ぎしりについて!!

こんにちは、みなさん。
​院長の高山です
​継続をは力なり、実践中でございます!笑

さて、今日は歯ぎしりについて少しお話させてください
​まず、歯ぎしりには大きく3種類あります。
​奥歯をかみしめながら顎を左右に動かす、いわゆる(歯ぎしり)。
​おそらくみなさんがもっとも想像されてる型だと思います
​続いては、奥歯をめいっぱい噛みしめる、(食いしばり)
​最後に、カチカチと奥歯をタッピングという、3つのタイプがあります。
開業してから6年と少し経ってますが、年々食いしばりや歯ぎしりをされてる方が増加してる気がいたします。特に女性のほうで増えてる傾向が覗えますね。
歯ぎしりはさまざまの病気を引き起こします。
​虫歯、歯周病の増長、歯の根っこの破折、顔のゆがみ、頭痛、えらの張りなどいたるところでその悪影響を及ぼします!まさに女性にとっては悩みの種になるとこ間違いありません。

ところで、みなさん、歯ぎしりは病気と考えてたりしてませんか?
​歯医者に行けば治るかもと相談に来られる方もいらっしゃいます。
​まず、知っていただきことは、歯ぎしりとは病気ではないということです!!!、、、、、うん?じゃあ、なんだ?という声が聞こえてきますね~~~~笑
​実は歯ぎしりとは、習癖なんです。しかも、ただの習癖ではなく
​「悪習癖」なんです。
​我々は歯医者ですから病気は治せますが、習癖は病気ではありませんので治すではなく、患者ご自身が「やめる」ということが必要になってくるんです!!!!、、、、、あれ?ふぅ~っというため息、こちらまで聞こえてきてますよ?!
​やめれないから困ってるんだ!今そんな風に思ってませんか?
​いやいやいやいやいや、それがですね、、、実は、、、、、
​簡単にやめれちゃうんです!!!!ふっふっふっふ笑
​そうなんです。たかやま歯科ではこれまで来院されてきた方たちのデータをもとにいくつかのパターンを分析、いろんな方法でのアプローチを考えながら、患者さんにその悪習壁をやめさせることができるすべを見つけたんです!

次回は、歯ぎしりを起こす原因とおうちでも可能な簡単なやり方を
​ほんの少しだけ公開いたします。

それでは、みなさん、ごきげんよう!!!

 

 

 

 

  • ページの先頭へ戻る