失った歯を補う入れ歯治療~保険から自費の入れ歯まで対応~

虫歯や歯周病、事故などにより失った歯を補う治療方法は、主に「入れ歯」「インプラント」「ブリッジ」になります。そのなかでもっともポピュラーな治療方法が「入れ歯」。近年インプラントにされる方が増えていますが、手術への抵抗感や費用などを理由に入れ歯を選ぶ方もたくさんいらっしゃいます。

入れ歯治療とは

1本からすべての歯まで失った歯の本数に合わせて、歯の機能を補うことができます。安価に作製できる保険適用の入れ歯から、見た目にも機能にも優れた自費の入れ歯まで様々な種類があります。

メリット デメリット
  • 治療期間が短い
  • 治療費が安く済む
  • 壊れたら簡単に治せる
  • 見た目や咬み心地がよくない場合がある
  • バネを使った入れ歯の場合、隣の歯に負担がかかる
  • 使っているうちに合わなくなることがある
  • 顎の骨がやせやすい
保険適用と自費の入れ歯の比較

保険適用と自費の入れ歯は、費用、素材、使い心地のどれもが大きく異なります。保険の入れ歯は必要最低限の機能回復を目的としている一方で、自費の入れ歯は、見た目や咬み心地まで追求することができます。

自費の入れ歯   保険の入れ歯
高い 費用 安い
金属やシリコンなど多種多様 素材 レジン(歯科用プラスチック)のみ
素材に合わせて固定方法などが変わる 仕様・構造 簡易的で限られている
自然で気付かれにくい 見た目 入れ歯だと気付かれることがある
十分な力でしっかり咬める
食べ物の温度がよく伝わる
咬み心地 しっかり咬めないことがある
食事の温度がわかりにくい
ほとんどない 違和感 感じることもある
汚れがたまりにくい
お手入れが簡単にできる
お手入れ 汚れがたまりやすい
継続使用により臭いが発生しやすい
壊れにくい
修復が困難な場合がある
強度 割れるなどの破損が起こりやすい
修理がしやすい
  • ページの先頭へ戻る

たかやま歯科の取り扱い入れ歯

当院では、保険、自費問わず患者さまに合った入れ歯を作製しています。これまで入れ歯をお使いで「痛い」「合わない」などのトラブルを抱えている方も、当院にて調整しぴったりのものをおつくりしますので、ぜひご相談ください。

レジン床義歯
床(歯ぐきにあたる部分)がレジン(歯科用プラスチック)でできた、保険適用でつくる入れ歯です。強度を維持するために床が厚くなっており、慣れるまで使用感が悪いことがあります。また、見た目にも違和感が生じてしまいます。
金属床義歯
床が金属でできた入れ歯です。床を薄くできるため装着感がよく、熱伝導率が高いため食べ物の温度が伝わりやすいのが特徴です。また、耐久性も高く長持ちし、雑菌や汚れが付きにくく衛生的です。床に使う金属には、ゴールド・コバルト・チタンなどがあります。
シリコンデンチャー
床が弾力性のある生体用シリコンでできた入れ歯です。見た目が自然なのはもちろん、吸着・密閉性が高くフィット感に優れています。そのため、入れ歯と歯ぐきの間にものが挟まることによる痛みが軽減されており、硬いものもしっかり噛めます。
ノンクラスプデンチャー
バネ(クラスプ)のない部分入れ歯です。歯ぐき部分がやわらかいシリコンでつくられているためしっかりフィットするうえに負荷がかからないため、硬いものでも痛みなくしっかり噛めます。また、入れ歯を使っていることが周囲にわからない自然な見た目を実現します。しかし、やや耐久性に劣るため、約5年おきに作り替えが必要です。
マグネットデンチャー
残っている歯根と入れ歯に磁石を取り付け、磁力で固定する入れ歯です。取り外しが簡単にできる一方、強力な磁力で固定されるため硬いものでもしっかり咬めます。また、バネを使用しないため、自然な見た目になります。
※磁石を埋め込む歯は神経を取った歯に限られます。
コーヌスクローネデンチャー
残っている歯根に内冠を、入れ歯に外冠を取り付け、茶筒のフタと同じように空気圧を利用してはめ込んで固定する入れ歯です。バネがないため見た目が自然で、安定した装着感が得られるため咬み心地に優れています。

ブリッジも取り扱っております

ブリッジとは、横並びに1~数本の歯を失った場合に、両脇に残った歯を削って支えにして、連なった人工歯を被せる治療のことです。当院では、目立ちにくい白い素材を使ったブリッジをおつくりすることも可能です。ご希望の方はご相談ください。

メリット デメリット
  • 見た目が自然
  • 違和感が少ない
  • 使用する素材によっては、保険が適用される
  • 両脇の歯を削る必要がある
  • 支えとなる歯に大きな負担がかかり、将来的にその歯を失ってしまうことがある

院長からの一言メッセージ

当院では、入れ歯、ブリッジ、インプラントのすべての治療方法について詳しくご説明したうえで、患者さまご自身に最適な治療方法を決定していただいています。保険・自費にかかわらず、患者さまにぴったりの治療方法を選択できるようサポートいたしますので、お気軽にご相談ください。

インプラントについては詳しくはこちらをクリック!

  • ページの先頭へ戻る