咬み合わせ治療~しっかり咬める歯に~

口腔内の健康は、1本の歯が健康な状態であることだけでなく、上下の歯がバランスよく咬み合うことも大切です。何らかの原因で咬み合わせが悪くなると、口腔内全体のバランスが悪くなり、顎や歯、またそれを支える筋肉や骨に負担がかかります。

これにより、虫歯や歯周病、知覚過敏など口腔内の病気はもちろん、肩こり、頭痛など全身にも悪影響を及ぼします。「歯がしみる」といった症状は、もしかしたら咬み合わせが原因かもしれません。

咬み合わせの乱れによる悪影響

虫歯・歯周病

虫歯・歯周病

唾液には口腔内の自浄作用があり、細菌から歯を守る効果があります。しかし、しっかり咬めないと唾液の分泌は減って自浄作用が弱まり、虫歯や歯周病になりやすくなります。

消化器官へのダメージ

消化器官へのダメージ

食べ物がよく咬めず丸飲みしてしまうと消化が悪くなり、消化器官に負担がかかります。

肩こり・頭痛・腰痛

肩こり・頭痛・腰痛

咬み合わせのバランスが崩れると、そのバランスを整えようと顎や首の筋肉のバランスも乱れて肩、首、腰などに負担がかかります。それにより、肩こりや頭痛、腰痛といった症状が起こります。

顎関節症

顎関節症

咬み合わせのバランスが崩れると、顎の関節に負担がかかり、「顎が痛む」「口を開けるとカクカク音が鳴る」といった症状がでる顎関節症になります。

デンタルコラム 歯ぎしりが及ぼす悪影響

上下、左右の咬み合わせのバランスが崩れると、顎や歯、またそれを支える筋肉や骨に負担がかかり、そのストレスが歯ぎしりという症状となって現れることがあります。歯ぎしりは普段の咀嚼の2~6倍という強い力が歯や顎の骨にかかり、歯がすり減って知覚過敏になったり、顎関節症になったりと、口腔内の様々な症状を引き起こします。歯ぎしりを指摘されたことがある方は、口腔内環境が悪化する前に早めにご来院ください。

  • ページの先頭へ戻る

当院の治療法(顎の触診・検診・矯正治療・審美治療)

当院では、まず患者さまの日常の生活習慣や癖などを伺って、咬み合わせの乱れの原因を把握してから治療を行っています。患者さんのお口の状態に合わせて以下のような治療方法を選択し、正しい咬み合わせを実現しています。

矯正治療

矯正装置を用いて、咬み合わせに問題のある数本の歯を矯正し、正しい位置へと移動させることで正しい咬み合わせへと導きます。

補綴(ほてつ)治療

上下、左右にしっかり咬み合うように、詰め物や被せ物で調整する目的で補綴治療を行います。状態をみながら、しっかり咬み合うように詰め物・被せ物を調整して、口腔内のバランスを整えます。

スプリント

「スプリント」というマウスピースを就寝中に使用し、歯ぎしりや食いしばりといった無意識に起こる顎の筋肉の緊張を安静に保ち、上下の歯が接触するのを防ぎます。マウスピースは保険適用にておつくりできますので、無意識下での歯ぎしり、くいしばりがある方は一度ご相談ください。

咬合誘導

乳歯から永久歯へと生え変わっていくお子さまの時期に、顎の成長を利用して自然にスムーズな咬み合わせを作っていく方法です。短期間で理想的な咬み合わせに整えることができます。

院長の一言メッセージ

歯がしみる原因の50%は咬み合わせが原因だと言われています。虫歯でも歯周病でもなく、歯がしみる方は一度咬み合わせのチェックにお越しください。少しでも良くなるように、一緒に頑張っていきましょう。

  • ページの先頭へ戻る