歯を守る虫歯治療~大切な歯を守るために~

神経まで達した虫歯は、そのまま放置しておくと抜歯しなければいけない状態になります。神経まで達した虫歯を抜くことなく治すために行うのが「根管(こんかん)治療」です。根管治療では虫歯に冒された神経を除去し、神経が入っている歯の根のなかにある管(根管)をキレイにして、抜歯を防ぎます。

根管治療の重要性

根管治療の大きなメリットは「抜歯を回避できること」。抜歯してしまうとその部分へ両脇の歯が傾き、歯列全体の乱れを起こしてしまうことがあります。すると、歯並びが悪くなり見た目に悪いだけなく、ブラッシングがしにくく磨き残しができて虫歯になりやすくなったり、しっかり咬めなくなったり、発音が悪くなったり、と様々な悪影響を及ぼします。一度失った歯は二度とは元に戻りませんので大切にしましょう。

たかやま歯科の根管治療

当院の根管治療

根管内部は肉眼では見ることができないため、根管治療は難易度の高い治療であり、歯科医師の豊富な経験と高度な技術が求められます。当院では、経験豊富な歯科医師の高度な技術と、CTやエンドウェーブなどの先端設備により、高精度の治療を実現。症状の進行具合に応じて治療方法を選択しており、すべての神経を冒されていない場合には病巣まで神経を除去。歯の神経を少しでも残すことで、歯のダメージを抑えています。

3DCT
3DCT
難症例の場合には3DCTにて患部を撮影。3DCTは複雑な根管内の様子を鮮明に映し出すことができ、精密な手術が可能になります。
エンドウェーブ 根管治療で歯の神経を除去するために使う医療器具。ニッケルチタン製なので高い弾力性があり、スピーディーで安全・確実に治療を行うことができます。

根管治療を受けなくてすむように

根管治療は大きなメリットがある反面デメリットもあり、治療による負担もかかります。根管治療を受けた歯は、栄養を運ぶ役割を果たしていた根管内部の神経や血管を取り除くことで栄養が届かない状態になるため、寿命は縮まってしまいます。根管治療では歯を残せても、健康な状態を取り戻すことはできないのです。

歯にとって一番いいのは根管治療をしなくてすむように、日頃からきちんとケアを行って虫歯を予防すること。定期検診にしっかり通って健やかな口腔内を保ちましょう。
» 予防歯科の詳細をチェック!

院長の一言コメント

安全第一で根管治療を行っています。診察・検査にてお口の状態を診れば、根管治療の適応か、どのくらい治療期間を要するかがわかります。重度の虫歯でお困りの方、根管治療をご検討の方はぜひ一度ご相談ください。

  • ページの先頭へ戻る