薬剤で手軽にできるホワイトニング~歯を白く美しく~

ホワイトニングは、歯を削ることなく薬剤で歯を白くできる処置方法です。ご希望に合わせて、歯本来の色よりも明るい色にすることができます。

ホワイトニングの仕組み

ホワイトニングに使用する薬剤の主成分は、高温になると酸素と水に分解される性質を持ちます。口腔内に塗布することでこの性質が発揮され、発生する酸素が歯のエナメル質の色素と結びつき、色素は無色透明に分解されるのです。また、薬剤の主成分には、エナメル質の表面構造を変化させ象牙質の色が透けないようにする効果も。この効果により、歯が本来の色よりも白く見えるようになります。

たかやま歯科のホワイトニング

当院では、オフィス・ホーム・デュアルの3種類のホワイトニングを取り扱っており、ご希望に合わせて処置をしています。

オフィスホワイトニング

歯科医院で施術するホワイトニングです。比較的高濃度のホワイトニング剤を歯の表面に塗り、特殊な光を当てることで薬剤を浸透させ歯を白くします。効果には個人差がありますが、1回の施術で効果を実感できます。短期間に歯を白くしたい方におすすめの方法です。ただ、白さがすぐに手に入る反面、後戻りが早いのが難点です。

メリット デメリット
  • 短時間で歯を白くできる
  • 自分でやる手間がない
  • プロが行うため、安心
  • 色が元に戻りやすい
  • 1回の処置時間が長く、通院が必要
  • 光が届かない奥歯には効果が出にくい

【料金(税抜)】

3回セット(PMTC込み) 30,000円
ホームホワイトニング

ご自宅で行うホワイトニングです。お好きな時間にクリニックで歯型を取って作製したマウスピースに薬剤を注入し、お口に装着して薬剤を浸透させて歯を白くします。比較的に低濃度の薬剤を使用するため効果が実感できるまで数週間かかりますが、じっくり浸透させるため、後戻りが少なく白さを長く維持できます。

メリット デメリット
  • 自分で好きな時間に取り組める
  • 比較的に低濃度の薬剤で刺激が少ない
  • 色が元に戻りにくく効果が長続きする
  • 歯科医院への通院回数が少なく済む
  • 効果が実感できるまでに10日~2週間かかる
  • 自分で歯の清掃からきちんと行う必要がある
  • 色調の調整が難しい
  • 自分で行うため、手間がかかる

【料金(税抜)】

マウスピース+薬剤(4本)セット 30,000円
薬剤1本 2,380円
デュアルホワイトニング

オフィスとホームを併用した方法で、それぞれのメリットが得られます。短期間で歯を白くしたい方や、特に着色が強い方に適しています。

メリット デメリット
  • 短期間で歯を白くできる
  • 効果が長続きする
  • 費用・手間がかかる

【料金(税抜)】

オフィス+ホームセット 50,000円
ホワイトニングの流れ
1.カウンセリング
患者様のお悩みやご要望、目標とする歯の白さを伺ったり、歯や歯肉の状態、治療中の歯があるかなどをお伺いします。

2.検査・診査
施術中に痛みが出そうな歯がないかを調べます。虫歯や歯周病・歯肉炎のある方は、そちらの治療を優先し、健康的なお口の状態にします。

3.治療計画
ホワイトニングの効果や方法・期間などをご説明させて頂きます。歯の色、歯の質、年齢などによって効果の現れ方は異なることをご理解頂き、ご納得頂いたうえで、治療を進めていきます。

4.クリーニング
単に表面や歯の間にある汚れを取るだけではなく、ホワイトニングの薬剤の効果を最大限に引き出すために、ブラッシングでは取れないような歯の汚れや歯石を除去します。

ホームホワイトニングはこちら

オフィスホワイトニングはこちら

5.型取り・ご説明 5.薬剤塗布
ホワイトニングトレーの型取りを行い、施術方法をご説明します。 歯を守るガードを付けて、ホワイトニングを行う歯の表面に薬剤を塗り、2~3分おきます。

6.装着 6.レーザー照射

後日、作成したホワイトニングトレーとホワイトニング剤をお渡しします。

ご自宅でホワイトニングトレ-にホワイトニング剤を塗布します。

歯にはめ込み、就寝中6~8時間ホワイトニングトレ-を装着します。これを2週間、ご希望の白さになるまで続けます。

レーザーを照射し、薬剤を活性化させます。照射後に薬剤を落とします。薬剤塗布→レーザー照射の工程を3回ほど繰り返し施術完了です。シェードガイド(歯の色を図るものさし)で仕上がりを確認します。
ホワイトニングの注意事項

  • 効果を長持ちさせるためには、定期的な施術が必要です
  • 歯質によっては効果が現れにくい場合があります
  • 一時的に歯ぐきがしみたり、痛んだりする場合があります
  • 虫歯や歯周病がある場合、歯にひび割れがある場合はその治療が終わるまでホワイトニングを受けられません
  • 妊娠中の方はホワイトニングを受けられません。どうしても歯を白くしたい場合には歯のマニキュアをおすすめします。
  • 詰め物・被せ物の変色はホワイトニングでは白くできません。詰め物・被せ物を交換することで歯を白くできます。

根管治療後の歯の黒ずみに

ウォーキングブリーチ

歯の神経を取る根管治療後の歯の黒ずみに対してはウォーキングブリーチという方法で歯を白くします。歯の神経(歯髄)を取った後、歯の裏に穴を空け、そこに歯を白くする薬剤を入れて歯の内部から白くします。

メリット デメリット
  • 短期間で歯を白くできる
  • 自分で行う手間がない
  • 歯に穴を開けなくてはならない
  • 歯の中にガスが溜まって歯が割れやすくなる

院長の一言メッセージ

手軽で効果的に歯を白くできるホワイトニング。当院では、ホーム・オフィス・デュアルの3種類のホワイトニングを取り扱っており、患者さまのご希望やお口の状態に合わせて相談しながら決定しています。「歯の色が気になる」という方は、ぜひホワイトニングをお試しください。

  • ページの先頭へ戻る